すみれの香りに包まれて♪

~最近もっぱら宝塚歌劇団情報記録メインです。宝塚公式ニュースの記録もしています(過去のものは公式からすぐ消えてしまうので・・・)たまーーに公演やジェンヌさんについて語ります~


★ ↓ページをドドッーっと飛ばしたいときはこちらで↓ ★



スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

過去のりょうちゃん新聞記事ピックアップ4   

一昨日、激情DVD届いたんだ~
観劇は市川で2回したよ。




■産経WEST
“男らしい男役”を基に自分の色を探す-月組次期トップ、珠城りょうが挑む自身初の全国ツアー
2016.3.26 15:00
宝塚歌劇団月組の次期トップ就任が発表された、同組2番手スター、珠城(たまき)りょうが、娘役トップの愛希(まなき)れいかとコンビを組む全国ツアー「激情」「Apasionado(アパショナード)!!III」が今月19日、大阪市北区の梅田芸術劇場メインホールから始まる。初の全国ツアー主演。珠城は「月組だけではなく、宝塚歌劇団の看板も背負う責任を感じる。やるしかない」と熱い。

 「激情」は、ホセが宿命の女、カルメンに翻弄されていく姿を情熱的に描く。平成11年に姿月(しずき)あさと、22年に柚希礼音(ゆずき・れおん)主演で上演された名作だ。「ホセはまっすぐで純朴な青年。作りすぎずに演じたい」。“熱い”というスペイン語の題名のショーは「情熱を出せたら。男役は年数が物を言う。背伸びせず、今の私が出せる色を見せたいです」。

 入団9年目。数年前は男役を意識し過ぎて力み、舞台を楽しめなかった。「入団5、6年目あたりがピークで、今もずっと考え続けている。でも今は単純に、すごく楽しいと思える瞬間が多くなった」

 “男らしい男役”を基に自分の色を探す。恵まれた体格を生かしたワイルドさもその一つ。「“ザ・男役”というキザなしぐさが好き(笑)」。芝居は堤真一、上川隆也ら舞台出身の俳優を参考にするとか。

トップ、龍真咲(りゅう・まさき)が9月の退団を発表。その後任の、次期トップ就任が発表され、責任感はより強まる。「龍さんのエネルギー、セリフや振り覚えの早さ、客観的な視点を学べたら」。今年の目標は“翔”。「1センチでも前へ」と笑顔だった。4月17日まで。

category: 私と宝塚 リョウチャン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tatala.blog93.fc2.com/tb.php/1164-a0132a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★ ↓ページをドドッーっと飛ばしたいときはこちらで↓ ★

カレンダー(月別)
最新記事
カテゴリ
リンク
天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。